LINEモバイルの4Gの使い方

LINEモバイルの4G LTEを利用するための、

セッティング方法をお教えします。

 

LINEモバイルをストレスなく利用するためのセッティングですので、

LINEモバイルを契約した方はLINEモバイルを4Gで使用してください。

 

 

LINEモバイルの4G LTEが使えない、4Gにならないケースになると、

まずは初期設定を再チェックましょう。

 

 

初期設定であるAPNの設定やスマホのモバイルデータ通信を改善し、

4G LTEの高速通信で心地良い通信を利用することができるようにする方法をお教えします。

 

 

●LINEモバイルの4G接続するには

 

LINEモバイルの4G接続は初期設定が必要です。

 

・APNの設定方法は?

 

LINEモバイルを使ってインターネットをしたい場合は、

必ずAPNの設定を外せません。

 

APNはインターネットをするために絶対必要な設定で、

インターネットに接続するための中継地点を、

スマホに知らせる効果があります。

 

 

iOSデバイスの場合はブラウザからプロファイルを、

ダウンロードして簡単にインストールできます。

 

アンドロイドスマホの場合や、

Windowsスマホの場合は、

マニュアル操作で入力をします。

 

・APN設定入力項目は?

 

名前:LINEモバイル

APN:line.me

ユーザー名:line@line
パスワード:line
認証タイプPAPまたはCHAPを選ぶ

 

他にも設定項目がスマホにはありますが、

他の項目は設定しなくて大丈夫です。

 

・4G接続をON

 

APNを設定した後はデータ通信の項目で、

4GをONにしないと高速通信が行えません。

 

4GをONにしなくても3Gでインターネットはできます。

 

ですが、せっかく高速通信が使えるので4GをONにして使用しましょう。

 

 

●3Gから4Gにならない?

 

LINEモバイルで音声通話付きSIM、

SMS付きデータSIMを契約した場合は、

3Gから4Gへの変更がスムーズです。

 

しかし、データ通信しか契約を結んでいないSIMカードの場合、

4GをONにしても3Gから4Gに切り替わるのに、

しばらく時間が必要でしょう。

 

5分から30分くらいです。

 

4GをONにしても3G表示のままの場合は、

少し待ってみましょう。

 

●iOSデバイスでもAPN手動設定できる?

 

iOSデバイスの場合、

実際はAPNファイルをDLして使うのですが、

iPadの場合などでは手動でAPNの設定ができる場合もあります。

 

APNをダウンロードするためのWi-Fiがない場合は、

手動設定を試してみてください。

 

手動設定は、

「設定>モバイルデータ通信>モバイルデータ通信のオプション>APN設定」です。

 

◎4G対応のスマホでなければ動作しない!?

LINEモバイルで4Gを使えるのは4G LTEに対応したスマホや、

タブレットでなければいけません。

 

2012年以前の3G回線しか使えないケータイや、

タブレットでは4G LTEを利用することは不可能です。

 

●LINEモバイルの4Gはとても速い

 

LINEモバイルの4G LTEの通信速度はとても満足できるものです。

 

◎お昼時でも7Mbps

 

いろんな格安SIMがあり、

メリットもさまざまなのですが、

LINEモバイルの場合は飛び抜けて通信速度が素晴らしいです。

 

 

お昼の時間は格安SIMの最大のデメリットと言われる、

通信速度の落ち込みが目立つのですが、LINEモバイルの場合、

他の格安SIMほど通信速度が落ち込むことがありません。

 

 

平均的に7Mbpsくらいの通信速度を保つことが行なえるので、

どんなインターネットコンテンツを使っても快適です。

 

 

●カウントフリーアプリの時はしっかりと通信が確保される

 

LINEモバイルは通信容量を全部使い切ってしまうと、

高速通信ができなくなります。

 

表示は4Gのままですが、

通信速度自体は200Kbps程度になってしまいます。

 

 

200Kbpsというとインターネットを見るのにも、

30秒くらいは時間がかかるようになってしまいます。

 

しかし、LINEモバイルにはカウントフリー機能が搭載されていて、

契約にもよりますが、LINE、FaceBook、Instagram、Twitter、

LINEミュージックを使った場合は高速通信ができるようになります。

 

 

低速通信になってしまっても、

LINEアプリで無料電話を快適に使うこともできます。

 

 

他の格安SIMの場合は通信容量が無くなってしまうと、

とても不便ですべてにおいてインターネットが遅く、

使い物にならなくなってしまいます。

 

しかし、LINEモバイルなら快適に使い続けることができます。


 

●LINEモバイルの4Gはどうやって使うの? まとめ

 

LINEモバイルの4G LTE接続の方法、

メリットを紹介しました。

 

LINEモバイルのAPNをの違いなく選択して、高速通信4G LTEを使いましょう。

 

カウントフリー機能、

決め手となる通信速度はLINEモバイルの最大メリットです。

 

4G LTE対応スマホを使っている方は、

LINEモバイルの4G LTEを余すことなく使いましょう。

 

公式サイト: LIN

LINEモバイルの通信エリアについて知ろう

LINEモバイルを契約の時に気に掛かるのは通信エリアです。

 

 

どの位の範囲までLINEモバイルの通信や、

通話を使用できるのでしょうか。

 

今回については、

LINEモバイルの通信エリアについて説明します。

 

契約前にぜひ加味してみてください!

 

 

LINEモバイルの通信エリアとは?

 

 

LINEモバイル では、

通信や通話ができる通信エリアが定められています。

 

LINEモバイルは、

ドコモの回線を利用したMVNOなので、

エリアはドコモに従ったエリアとなります。

 

 

今度は、

LINEモバイルの通信エリアについて紹介します。

 

これから契約する方はLINEモバイルの、

通信エリアを覚えておいてください。

 

 

公式サイト:LINEモバイル

 

MVNO会社の通信エリアとは?

 

MVNO会社は通信回線によって、

通信エリアが変わってきます。

 

 

例えば、ドコモ回線を利用したMVNOなら、

ドコモの通信エリアに。

 

au回線ならauの通信エリアになります。

 

そのおかげで、

それぞれのキャリアにて通信エリアを、

見定めるほうが良いでしょう。

 

エリアから遠い場合は、

通じない時もあるので注意して下さい。

 

 

LINEモバイルの通信エリアを紹介!

 

それでは、

LINEモバイルの通信エリアについて、

確認していきましょう。

 

通信エリアや通信スピード、

電波が悪い時の処理法などを、

伝えていきます!

 

公式サイト:LINEモバイル


 

通信エリアは?

 

LINEモバイルの通信エリアは、

ドコモの通信エリアと同じです。

 

 

北海道から沖縄まで日本全国をくまなくカバーしています。

 

場所によってはつながりにくい可能性もありますが、

実質的にはあらゆる場所で使用可能です。

 

繋がらない場合は電波が入らない場所など、

きっかけが考えられます。

 

また、速度が低下する時間帯や、

場所もあるので注意して使用してください。

 

通信速度に変わりはあるの?

 

LINEモバイルの通信エリア内でも状況によって、

通信速度の低下する可能性があります。

 

 

例えば、

お昼時は回線が混むため、

通信スピードに変化が出るといったケースが、

生じます。

 

 

混雑時の通信スピードの変わりは、

良くなるケースもあるので、

時間帯をずらして使うなど工夫しましょう。

 

 

あまりに遅い場合は障害が発生している可能性もあるので、

公式サイト等をご確認ください。

 

 

電波状況が悪い時はどうやったらいい?

 

LINEモバイルを利用していて、

電波状況が悪い場合はまず圏外扱いになっていないか、

確認しましょう。

 

 

また機内モードのオンオフを行うことで、

電波状況をリセットするのもひとつの方法です。

 

 

地点を移動して電波状況のリセットを行っても、

良くならないならばカスタマーサポートセンターにTELしてみましょう。

 

なんらかの障害が生じている可能性があります。

 

まずはあなた自身が原因を探った後にTELを入れてみてください。


 

●LINEモバイルの通信エリアを知って契約しよう

 

LINEモバイルの通信エリアについて解説しました。

 

これから契約する方は、

通信エリアを知っておきましょう。

 

万が一、

電波状況に問題があった場合に参考になります。

 

ぜひ、

LINEモバイルで通信を快適に楽しんでください。

 

公式サイト:LINEモバイル

LINEモバイルに契約する時に必要な書類は?

LINEモバイルを契約の時に書類が絶対必要です。

 

必要な書類は契約内容によって異なりますが、

書類が揃っていなければ申込みできません。

 

今回は、

LINEモバイルの契約に必要な書類を、

ピックアップしてみました。

 

これから契約する人はご覧ください!

 

 

LINEモバイルの必要書類を確認しよう

 

LINEモバイル を契約する際に、

肝心の書類があります。

 

こちらの書類の用意をしおかないと、

申し込みができません。

 

必ず、

申込み前に要する書類をチェックしておきましょう。

 

 

今回は、

LINEモバイルの契約に必要な書類をまとめてみました。

 

 

初めて、

LINEモバイルを契約する方は、

ぜひ参考にしてみてください。


公式サイト:LINEモバイル

 

 

必要な書類は必ず準備しておこう!

 

LINEモバイルをはじめとするMVNO会社を契約する場合は、

必要な書類を確認しておきましょう。

 

 

準備することでスムーズに契約することができます。

 

音声通話SIMを契約する場合は、

MNP予約番号が絶対必要です。

 

 

契約する前に発行することが必須であるので、

契約に不可欠なものを用意してから、

申請を行ってください。

 

 

契約前にLINEモバイルの必要書類を確認

 

 

それでは、

LINEモバイルの必要書類を確認していきましょう。

 

 

データ通信のみの契約、

音声SIMの契約に必要な持ち物をピックアップしていきます!

 

公式サイト:LINEモバイル

 

 

データ通信のみを契約する場合

 

・本人確認書類
・クレジットカード
・メールアドレス

 

LINEモバイルでデータ通信のみの、

SIMを契約する場合は上記で述べたものが、

絶対必要です。

 

 

本人確認書類はお手続きの際に、

アップロードして使います。

 

 

書類に掲載された住所が、

最新のものではない場合、

補助書類が必須になるので気を付けましょう。

 

 

そしてクレジットカードが必要になります。

 

 

デビットカードは利用できないので、

こちらもお気をつけください。

 

ただLINEペイカードなら、

毎月の引き落としに使うことが出来ます。


 

最後にメールアドレスを用意して、

申請を行いましょう。


 

音声SIMを契約する場合

 

本人確認書類

クレジットカード
メールアドレス
MNP予約番号

 

LINEモバイルで音声SIMを契約する場合は、

本人確認書類、クレジットカード、

メールアドレスが必須条件です。

 

 

ここまではデータ通信のみと同じですが、

MNPで乗り換える場合はMNP予約番号が絶対必要です。

 

MNP予約番号を利用することで、

MNP乗り換えを行うことができるはずです。

 

 

現在、契約しているキャリアまたは、

MNPで予約番号を発行しましょう。

 

 

クレジットカードを持っていない場合は?

 

もし、クレジットカードの無い場合は、

LINE Payカード又はLINE Pay決済で支払うことができます。

 

カードを持っていない人は、

これらの方法を考慮してみてください。

 

 

ちなみに、

デビットカードは扱うことができません。

 

クレジットカード以外で契約する場合は、

LINE Payカード又はLINE Pay決済を用意しましょう。

 

 

契約前にLINEモバイルの必要書類を確認して契約します。

 

LINEモバイルの必要書類をお伝えしました。

 

 

申し込みの際に必要になるので、

しっかりと準備した後に申し込んでみてください。

 

契約する内容によって必要書類が違ってくるので、

本記事で確認してから契約しましょう!

 

公式サイト:LINEモバイル

LINEモバイルの評判はいかに!?料金やサービスの詳細

LINEモバイルが店頭に設置されてから、

約2ヶ月が経ちました。

 

 

LINEモバイルとは後発に出たMVNOであり、

最近でもインターネットニュースで、

話題をさらっています。

 

今回はそんなLINEモバイルの評判や、料金、

本人確認書類などの持ち物を紹介していきます。

 

 

LINEモバイルと言えば、

月500円(1GB)で格安SIMを手に入れられ、

話題になっていますが実際評判はどうなのでしょうか?

 

 

LINEモバイルはドコモ回線を使用

 

 

まずLINEモバイルはドコモ回線に対応

しており、格安SIMを提供するMVNO業社は、

利用する大元の回線が主にdocomo回線と、

au回線にわけられます。

 

LINEモバイルはdocomo回線の、

MVNOということになっています。

 

 

他にもドコモ回線のMVNOには

 

b-mobile、エキサイトモバイル、BIGLOBE SIM、DMM mobile、DTI SIM、FREETEL、IIJmio、mineo ドコモプラン、NifM、OCN モバイル ONE、U-mobile、ぷららモバイルLTE、楽天モバイル

など様々なMVNOがあり、

ドコモ回線への参入という形になります。

 

 

なのでLINEモバイルで購入できる端末は、

SIMフリー端末、docomoで利用していた端末であれば、

利用することが可能です。

 

 

 

LINEモバイルのプラン 

 

LINEモバイルの料金プランは、

基本的に2つのプランが用意されています。

 

 

ひとつは、格安SIM初心者であったり、

ガラケーをやめて初めてスマホを利用する人向けの、

ライトなLINEフリープランです。

 

 

そしてもう2つめは、

若者やよくスマホを利用する人に向けて、

メリットの多いコミュニケーションフリープランです。

 

 

では詳細をみていきましょう!

 

LINEフリープランの料金詳細

 

月額基本料金:500円/月〜

 

月間データ容量:1GB

 

特徴:LINEの利用はノーカウント

 

LINEでのLINE電話(音声通話)、トーク、

画像・動画の送受信・タイムラインへの投稿閲覧は、

データ容量に関係なく利用できるカウントフリーです。

 

 

これこそがLINE社が提供する格安SIMという事を、

ふんだんに活かしたサービス内容となっています!

 

 

他社MVNOではこのようなサービスは一切ありません。

 

サービスタイプはデータ通信SIM、

データ+SMS、データ+SMS+音声対応SIMになっていて、

それぞれの月額基本料金が

 

データSIM:500円/月

データ+SMS:620円/月

データ+SMS+音声対応SIM:1200円/月

です。

 

 

音声対応SIMの場合はこれに、

通話料が20円/30秒で通話ができます。

 

 

コミニュケーションフリープラン

 

フリープランの1GB容量では、

物足りない人向けや一般的に携帯電話を利用する、

ユーザー向けのプランです。

 

 

3GB〜10GBの中から選択できてなんとLINE、

Twitter、Facebook、インスタグラなどのSNSもプラスして、

データ消費はカウントされません。

 

 

これ実はMVNOで格安スマホを使っている人に、

LINEがアンケートを実施したところ、

 

 

「月末になるとデータ容量が足りなくて、

SNSをみるのがストレス!」

 

という不満の意見が多かった理由からこういったプランが、

出来上がったそうです。

 

 

そこに注目したLINEモバイルは、

SNSを利用する場合にはデータ容量の、

消費のないプラン提供を決めたわけですね。

 

 

 

たしかにLINEはNVNO業社としては、

かなりの後発組ではありますが、

その利点をいかしたサービス内容の設定に、

高い評価を得ています。

 

 

ただMVNOが人気だからと言って、

何も戦略もなしに発射した格安SIMとは違い、

しっかりと戦略を立ててから発射したようです。

 

 

用意されているの3GB・5GB・7GB・10GBの、

データ容量コースです。

 

 

肝心の料金ですが以下の表にまとめました。

 

3GB    5GB    7GB    10GB

データ+SMS    1,110円    1,640円    2,300円    2,640円

データ

+SMS+音声    1,690円    2,220円    2,880円    3,220円

※通話料20円/30秒

 

いままで月末の通信料不足に悩んでいて、

なおかつスマホのネット利用がSNSが多かった人にとっては、

とっても魅力的なプランではないでしょうか。